ボーイスカウトとは

1907年、イギリスの退役将軍ロバート・ベーデン- パウエル卿は、野外教育を通じて社会に役立つ人間に成長することを願い、20人の子どもたちを集めてブラウンシー島で実験キャンプを行いました。
この体験をもとに、「スカウティング・フォア・ボーイズ」という本を著し、キャンプ生活やグループ活動などを通して少年たちに自立心、協調性、リーダーシップを身につけさせようとしました。これがボーイスカウト運動の始まりです。

ボーイスカウト運動の特徴

1. 青少年の自発活動であること
2. 青少年が、誠実、勇気、自信、および国際愛と人道主義を把握すること、健康を築くこと、人生に役立つ技能を体得すること、社会に奉仕できることの人格・健康・技能・奉仕を4本柱としていること。
3. 幼児期から青年期にわたる各年齢層に適応するよう、年齢に応じた部門があり、それぞれのプログラムが一貫していること。 等があげられます。しかし、ボーイスカウト教育が他の青少年団体と異なるところは、そのプログラムにあります。 それは、「ちかい・おきて」の実践、班制教育、進歩制度、野外活動を取り入れていることです。

ボーイスカウト教育は、どのようなときにも、どのような場でも、すべての活動は「ちかいとおきて」の実践を基盤において行われています。「ちかい」は、自分自身に対して誓うものであり、また「スカウトのおきて」は毎日の生活の物差しとして自分の行動を律するものです。

ボーイスカウトの年齢

ビーバースカウト
小学1年生~小学2年生
※小学校入学前の1月から仮入隊できます。
カブスカウト
小学3年生から小学5年生
ボーイスカウト
小学6年生~中学3年生
ベンチャースカウト
中学3年生9月~18歳に達する日以後の最初の3/31迄の青年
ローバースカウト
18歳以上25歳以下の青年


▲PAGE TOP